低用量ピルが本物で一安心です(28歳Yさんより)

 

 

こんかい、ベストケンコーを利用しましたので、皆さんに感想をシェアしたいと思います。

手軽に避妊が出来るトリキュラーという薬の存在を私が知ったのは、20歳過ぎになってからでした。
トリキュラーは低用量ピルの代名詞的存在であり、日本国内の産婦人科でも処方して貰う事が出来るメジャーな避妊薬です。
更に魅力的なのは、避妊率が限りなく100%に近いという事です。
私はある時彼氏のコンドームに僅かな亀裂があるのを発見したので、妊娠検査薬を購入してチェックしてみると、妊娠している可能性があると判り、驚きと共に産婦人科の扉を開きました。

産婦人科ではみじめな気分を味わいました

産婦人科医に検査して貰った所、妊娠してはいない事が判り私は心底ほっとした事を今でも覚えています。
それまで私は彼氏が付けているコンドームのみで避妊対策は完璧だと思っていたので、産婦人科医に聞いて見ると、コンドームを行為の最初から終わるまで正しく装着しているとしても、1年間の避妊率は85%前後程度だというのです。
つまり、1000人のカップルがいて男性のコンドームのみの対策であれば、単純計算で150人程度が妊娠する可能性があるという事になります。
また、ある調査機関によるデーターによれば、コンドームを正しく装着出来ていない例が、およそ7人に1人の割合でいる事が判明したそうです。
私はたまたま運が良かっただけであった事に感謝しつつ、ぞっとしました。

個人輸入代行について加瀬氏と相談

それからは、今まで使用していた安物のコンドームは破棄して貰い、高信頼性のものに変えて貰ったのは言うまでもありません。
加えてトリキュラーと高信頼性のコンドームいう組み合わせをした時のみ、使用すると彼と相談して決定しました。
産婦人科医の言葉を思い出しながら、この薬は一寸特殊なので飲み方を間違えない様にする必要があると言われた事を思い出しました。
そして、この薬にはデイワンタイプとサンディタイプの2種類があり、私はサンデイタイプの生理が始まったとしても日曜日から服薬する方法であり、最初の2週間は避妊効果が無いので望まない妊娠をしない様に注意する必要があります。
しかしメリットとしては薬剤のシートが日曜日開始になるので、単純明快で分かりやすいという点は大きいかも知れません。
トリキュラーは継続して毎日飲まなければなりませんが、若干気がかりなのが忘れっぽい私は、飲み忘れる場合の対応が少々厄介なので、スケジュール帳に書いて置く事にしています。

まず、いつも飲んでいる時間が24時間以内という場合です。
この時には、飲み忘れを忘れたら直ぐに飲めば良いのですが会社に出社して、早急に出張しなければならない時が問題ですが、私は彼氏一筋だったので問題ありません。
最も危険なのはピルを飲んだと思い込んでいた状態で、彼氏がコンドームをしていなかったという場合です。

そのような場合は、緊急避妊ピルを服用する事ですが、産婦人科に行くと1万円は軽く超えますから、年中財布やバッグの中に潜ませておくと良いかもしれません。
さて、トリキューラーは日本国内でも購入可能ですが、1ヶ月分のシートがおよそ2000円程度もするので購入しなくなりました。

そこでベストケンコーを利用して、1年分550円前後で購入出来てしまいますので、クレジットカードがあれば簡単に、海外の医薬品メーカーを通じて購入出来ますし、包装にも内容が判らない様に配慮してくれますので有り難い限りです。