ベストケンコーのフィナバルド(育毛剤)は本物でした

十代の頃、薄毛の人を見かける度に、友達と薄毛にだけは絶対になりたくはないよな、とそういった会話をかわしていました。
もしも薄毛になったら、スキンヘッドにしようなどと笑って話していたものですが、まさか自分が二十代の後半で薄毛になってしまうとは、そのときの僕にはまったく想像も出来ませんでした。
けれど、よくよく考えてみると、父は薄毛ではありませんが、祖父、父の兄弟には薄毛の人が多くいました。
今となって思えば、僕自身も薄毛の遺伝を受け継いでいて、髪の毛には十分気をつけなければいけない体質だったのです。
二十代の半ばで抜け毛をよく見かけるようになり、そのときを境とし、後はあっという間に頭頂部、そして前髪の生え際が薄毛となってしまいました。
そうした髪の毛の変化には嫌でも気づき、僕はそれなりの対応もとってきました。

kanarazu85価格は驚くほど高かったのですが、ネットで評判だという育毛剤も一年以上使用してきましたし、薄毛を促進してしまうということでタバコもやめました。
また、生活習慣の乱れも髪には悪いということで、睡眠時間を増やし、食生活も自分なりにしっかりと整えてきました。

努力を重ねたことで、多少髪の毛が太く、しっかりとしてきた感じはありましたが、それでもやはり薄毛の進行を食い止めることは出来ませんでした。
それでも僕はまだ諦めることは出来ませんでした。

そこで、最後の手段としてクリニックで薄毛治療を行おうと、インターネットで情報を集め始めました。
そして、その情報を集めていたとき僕はフィナバルドという海外の医薬品について知りました。

初めての「海外の医薬品」という選択肢

薄毛治療にクリニックが処方するプロペシアのジェネリック医薬品で、その価格はフィナバルドの半分ほどのため、購入しやすく、薄毛の改善にぴったりの医薬品とのことでした。
使用方法も一日一錠服用するだけなので、個人でベストケンコーから購入して利用しても間違った利用法を行ってしまうといったこともありません。
僕はすぐにベストケンコーからフィナバルドを購入しました。

発送から手元に届くまでに二週間ほどかかりましたが、国内通販との購入とまったく違いなく、購入に不便な点はありませんでした。
利用にあたり、まれに精力の低下などの副作用を起こす方もいるとのことだったのですが、僕はまったく問題なく使用することが出来ました。
そして、フィナバルドを利用し始めてから四ヶ月が経った頃、薄毛が酷かった頭頂部に変化が起こりました。
半年前に撮影した頭頂部の画像と比べるとその差は歴然で、はっきりと発毛していることを実感出来ました。

8か月後・・・

使い始めて八ヶ月が経過しようとしている今では頭頂部の薄毛だけでなく、額の生え際の方もまだ産毛の段階ですが改善出来てきています。
これからもしっかりと服用を続けて、三十歳になる頃にはまた十代の頃のようなふわっとしたボリュームのある髪を取り戻せるように頑張っていきたいと思っています。