ED薬のジェネリック品を、個人輸入

30代で糖尿病を発症してしまい、20年近い歳月が流れました。
50代半ばを迎えた今、インシュリンを注射するまでには至らないものの、薬を飲みながら日々生活を送っています。
糖尿病が進行した影響もあってか、EDの症状が年を重ねる毎に酷くなり、何とかしたいと考えていたのです。
性欲は旺盛で、何とか妻と肌を重ねたいと思い、誘うのは良いのですがいざ本番となった時に、全く勃起せずに困っていました。
EDの症状が出始めた当初は、仕事で体が疲れているせいだと本気で思い込んでいたのです。
一日ゆっくり休んだ後は、体力も回復して現役バリバリだった頃のような精力を取り戻せるはずだと信じていました。
ところが何度も何度も、同じ事を繰り返すようになり、これはおかしいと考えるようになったのです。
どんなに刺激を与えても勃起すらせず、何とか頑張って少し勃たせても、直ぐに萎えてしまう事が珍しくありません。
妻に勧められるまま、病院で診察を受けてみたところ、医師からEDの可能性を示唆されました。
血糖値が上昇すると血管に炎症が出来てしまい、それが勃起不全に繋がっているのではないかと考えられているようです。
血糖値を上手くコントロールし、何とか勃起力をアップさせたいと願っていた折、ED治療なるものがあると知りました。
もう二度と、回復する事はないのだろうと諦めていた私にとっては、これ以上ない朗報だったと言えます。
しかし、ED治療について詳しく知れば知るほど、不安感というものを感じたというのが本音です。
治療薬として有名なものとなると、1錠が大体1,500円前後もしてしまいます。
それに診察費が加わると、支払いが困難になる可能性も否定出来ません。
子供が来年大学受験を控えている我が家は、家計にゆとりがないので、もっと安く出来ないかと思案していたところ、海外から医薬品を個人輸入出来る方法がある事が分かったのです。
有名なED薬には、ジェネリック品があり海外では広く普及しています。
それを個人輸入代行業者を使って、合法的に入手する事も可能なので、早速購入手続きを取る事にしました。
業者選びで迷ったのですが、最終的には純正品しか取り扱っておらず、送料が無料のベストケンコーに決めました。
国内で手に入れるのとは違い、医師の処方箋も不要で、しかも驚くような安さだったのが今でも印象に残っています。
暫くすると商品が手元に届き、性交渉を行う前に服用してみました。
信じられないような堅さ、AV男優並みの大きなペニスに妻も驚いたようで、目を丸くしていたのが印象的です。
堅さ、太さに加え持続力も素晴らしいものがあり、正規品と効果・効能は殆ど変わらないんじゃないかと私は思っています。
明け方まで3度もプレイを楽しみ、お互いに久々笑顔を見せ合う事が出来たので、本当に良かったです。
これからも、性交渉を楽しみ続ける為にぜひ、利用したいと思っています。
EDで悩んでいる男性の方やカップルには、お勧めしたいですね。