個人輸入代行で人生を再スタートしました

現在49歳である私には、1歳になる娘がいます。
娘の母親は2年前に結婚した、私の2番目の妻です。
私は再婚によって漸く初めての子供を授かる事が出来ました。
妻との結婚は私にとって人生の再スタートだったと言えます。
実は、私が再スタートを切れた背景には、とある個人輸入代行業者の存在があるのです。
この話をするために、まず前妻との結婚生活について語らなければなりません。
前妻とは、以前働いていた職場で知り合いました。

当時二人とも20代半ばで、若気の至りか出会ってから交際、結婚まで一年で決めてしまったのです。
しかし結婚後、仕事が上手くいかなくなり、私は大きなストレスの中で生活する事になりました。
その結果、なんとEDになってしまったのです。
前妻との間に子供をもうけたいという思いはあったのですが、いざとなると勃起しないのです。

また、勃起しても中折れしてしまい、正常なセックスが出来なくなってしまいました。
仕事のストレスからイライラが募っていた事もあり、夫婦の関係は最悪に冷え込んでしまい、結果的に離婚する事になりました。
まだお互い30歳になっていなかったので、前妻にとっても良い選択だったろうと今では思えますが、当時の私は精神的にどん底に落ちてしまい、結果的に仕事も辞めてしまったのです。
それから15年以上新しい彼女も作らず、憧れだったデザインの勉強に打ち込み、なんとかその道で仕事を得られる様になりました。
そんな時、現在の妻に出会ったのです。
私は43歳、妻が35歳の時でした。
私たちは仕事を通じて出会い、意気投合し交際がスタートしました。
ですが、私には前妻とEDの記憶が心の傷として残っていました。

その事を現在の妻に打ち明けたのは、交際が始まって1年後の事です。
離婚から15年以上が経っていたにもかかわらず、私の症状は改善していませんでした。
そんな私に、妻は医師の診断を受ける様に勧めてくれました。
医師はED治療薬を勧めてくれたのですが、自分で事務所を開業する為に資金繰りに追われていた私には、新薬の一錠1500円以上という値段は非常に高額なものでした。
それでも妻のためだと思い、購入しました。
そしてその治療薬の効果は抜群だったのです。

その後、なんとか同じ効果を安く得られる事は出来ないのだろうか、と悩んでいた時に、インターネットで知ったのがベストケンコーです。
ベストケンコーは個人輸入代行業者と呼ばれる業者で、海外の医薬品を安く手軽に入手する事が可能なのだと知りました。
そして、日本にはED治療薬のジェネリック医薬品は存在していないのですが、インド製ならジェネリックが利用出来るのだと、情報を探るうちにわかりました。
しかし、そんなインド製の薬が安心して使えるのだろうか、というのが当時の私の正直な気持ちでしたが、ベストケンコーはしっかりした製品保証をしているとの事で、購入してみる事にしたのです。

気になる結果は・・・?

結果は、新薬と同様の効果が得られて、値段は半分以下で購入することが出来ました。
その後デザイン事務所も無事に立ち上げ、妻と再婚し48歳にして初めての子供を授かる事が出来ました。
個人輸入とベストケンコーが無ければ、この幸せは得られていなかったでしょう。
ベストケンコーが私の人生の再スタートを実現してくれた事に感謝しています。

個人輸入代行で人生を再スタートしました はコメントを受け付けていません。 ガイドライン