ベストケンコーと世界のジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、日本では比較的最近になって普及する様になった医薬品の1ジャンルであると言えます。
海外では広く普及しているジェネリック医薬品ですが、日本ではヨーロッパやアメリカと比べればその普及率はまだまだ低いと言わざるを得ません。
ですが、近年では厚生労働省が主体となってその普及が奨励されていて、徐々にではありますが、一般的な認知度も高くなって来ています。

ジェネリック医薬品を手がける製薬会社のテレビコマーシャルを目にした事のある方も多いのではないでしょうか。
さて、前述の様に海外ではジェネリック医薬品の普及率は非常に高いものとなっています。
50%以上の普及率をもつ先進国も多く、ジェネリックは世界中で多くの消費者に選ばれているのです。
そんな海外のジェネリック医薬品には、日本では販売が許可されていないものも多く存在しています。
また、日本では未認可の海外医薬品には、低価格で性能の高いものが多く存在しているのです。

この様な話を聞いて興味を持たれる方は多い事でしょう。
安くて効果の高い医薬品があるなら使ってみたい、と思うのは当然のことだと思います。
実はこうした海外の医薬品は、個人輸入代行業者を通じて簡単に購入する事が出来ます。

ベストケンコーは、そんな海外医薬品を購入出来る個人輸入代行業者です。
日本では認可されていない海外のジェネリック医薬品も多数取り扱っていて、全ての取扱商品に対してメ−カー正規品である事を保障してくれている事から、ベストケンコーは人気のある輸入代行業者となっています。
では、この輸入代行業者ではどんなメーカーの医薬品が人気を呼んでいるのでしょうか。
その答えとして、シプラ社やアジャンタファーマー社、ランバクシー社といった名前が挙げられます。
これらは全てインドの製薬会社となります。
ベストケンコーで特に人気が高いのは、インド製のジェネリック版ED治療薬なのです。
インドはジェネリック大国と呼ばれているのをご存知でしょうか。
インドでは2005年に法改正が行われるまでは、医薬品に関して成分特許が認められていませんでした。

こうした事情から、インドは世界に先駆けてジェネリック医薬品を多数開発することが出来たのです。
バイアグラなどのジェネリック版であるシラグラやカベルタも、こうした流れの中で誕生しました。
ED治療薬は日本国内では新薬しか購入出来ない事から、どうしても購入費用が高額になってしまいます。
インド製のジェネリック版ED治療薬は、新薬と比べて非常に安価に購入出来るため、人気が高いのです。
シプラなどのインドの製薬メーカーは、世界的に見ても高い技術力を持っています。
また、そのジェネリック医薬品はアフリカなどの貧困国において、病気に苦しむ人々に喜ばれています。
先進国意外でもジェネリックの需要は大変高く、インドの製薬メーカーはこうした需要に応え続けているのです。
さて、ベストケンコーではこうした海外のジェネリック医薬品を、通販感覚で手軽に購入出来る様になっています。

送料や手数料も完全に無料なので、お財布に優しい医薬品販売業者だと言えます。
医薬品の購入費を安く抑えたいという消費者の心情は万国共通のものでしょう。
ベストケンコーはそんな消費者のニーズに応えてくれる、輸入代行業者なのです。

ベストケンコーと世界のジェネリック医薬品 はコメントを受け付けていません。 ガイドライン